Top > キャラクター > Mr.ゲーム&ウォッチ
HTML convert time to 0.041 sec.


キャラクター/Mr.ゲーム&ウォッチ

Last-modified: 2013-03-25 (月) 13:58:35

al_090705_1520.jpg
Mr.ゲーム&ウォッチ:上必殺技 ファイア

ゲーム&ウォッチは、1980年から発売され、一世を風靡した
携帯型LSIゲーム。

その液晶表現によるキャラクターがここに!!
平面世界の住人が、ふたたび戦いの場へ。

ジャンプ回数カベジャンプカベ張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回不可能不可能不可能不可能不可能
  • 色変えパターン
    黒(ノーマル) / 赤 / 黄 / 青 / 緑 / 水色 <計6色>

略称はゲムヲ(オ)、G&W、ゲッチなど。

  • 使い易さ
    ★★★★★
    攻撃はリーチ、判定の強さ、攻撃力、吹っ飛ばし力、隙の少なさが優秀なため問題はない。
    エネルギー系飛び道具対策があり、飛び道具を持っているが使いにくいため接近戦を強いられる。
    また軽いため吹っ飛ばされやすいが、それに見合った高めの機動力を持つ。
    それに強力な緩和ができる技があるのでそれができるようになれば少しは生き残れる。
  • 使いこなし易さ
    ★★★☆☆
    SJ(ショートジャンプ)からの各空中攻撃をダメージソースやフィニッシュとして活用出来る。
    空中技が主力といっても過言ではない。
    攻撃が単純で扱いやすいがワンパターンになってしまわないように注意が必要。
    対人戦ではG&Wの性能をフル活用するだけでなく心理戦が重要。
  • 長所
    • 全体的に攻撃力がかなり高い
    • 攻撃の判定が強く、多くの技は武器判定である
    • 技の判定が長く残るものが多い
    • 復帰技が柔軟
    • 下必殺技、空中下攻撃のふっ飛び緩和性能が優秀
    • エネルギー系の飛び道具対策がある
    • しゃがむと背がかなり低くなる
    • 移動速度が速め
    • 空中制動力が高く、空中技の性能も全体的に優秀
    • 各種スマッシュが高性能
    • 一発逆転技を持つ
  • 短所
    • 体重が下から2番目と非常に軽く、特に縦方向に吹っ飛ばされ易い
    • 飛び道具を持ってはいるが、射程と隙に難があり接近戦を強いられる
    • 前後回避速度が遅く、地上技の癖が強いので密着戦が苦手
    • コンボや追い討ちが苦手
  • パワー・スピードタイプ/超軽量級
    遅い様に見えて素早かったり攻撃力が異常に高かったりと何だか妙なキャラ。
    平面世界より参戦。任天堂の重鎮的存在。彼の身体は亜空間と深い関わりがある様だ。
    ちなみにワザ名とモーションは全てゲーム&ウォッチの作品が出典である。
    日本海外問わず、かつては強キャラの1人であった(現在は中堅上位)。
  • 因みに、このキャラクターは「現在も登場し会社が現存する最古のゲームキャラクター参照)」である事が判明している。
    更にゲーム&ウォッチは国内だけでも1287万個という記録的な売上を達成し「任天堂がアーケード事業の失敗で抱えていた負債をあっさり帳消しにした」という大成功を成し遂げている(参照)。

目次

出現条件

  • 「ターゲットをこわせ」のどれかのレベルを30人以上クリアし、乱入戦に勝つ
  • 大乱闘で250試合以上プレイし、乱入戦に勝つ
  • 亜空の使者:中盤『戦艦ハルバード ブリッジ』攻略後に仲間に、その後メニューに戻る時使用可能に

出現と同時にステージ「フラットゾーン2」追加

最後の切りふだ オクトパス

ダメージ:17%
属性:[打撃](体当たり)、[切り裂き](足) 部位:[体、スピン](体当たり)?、[足](足)?
原作ゲーム「オクトパス」に登場する大きなタコにMr.ゲーム&ウォッチが変身。
一度変身すると方向転換(向きを変える)が不可能で、後方が若干逃げやすい、かもしれない。
その見た目から空中に浮いていると思われがちだが地上を歩いている。そのためジャンプも出来るし、落下によるバーストもする。
なお、タコなだけあるためか水中では一切沈まずに自由に動くことができたりもする。
発動中は完全に無敵だが、移動は遅め。
だがジャンプは高い。空中ジャンプも1回だけ可能なので、復帰妨害まで出来る。
何もしないと体当たりの判定のみだが、
攻撃ボタンを押すことで足を伸ばすことが出来る。
足が伸びている間は体に判定が無くなるが、足に切り裂き効果の判定がある。
足は主に地上・崖掴まりの相手に対して、体当たりは空中の相手に使うと良い。
ただし復帰技を持たないのと、地形判定が分かりづらいのとで復帰がしにくく、深追いは禁物。
ちなみに、ブロック1マス分の高さの隙間は通ることが出来ない。


通常必殺技 シェフ

ダメージ:4%(食材) / 5%(フライパン) 発生フレーム:18F
属性:[打撃](食材)、[火炎](フライパン) 部位:なし(食材)、[武器](フライパン) 必殺技分類:[必殺ワザ:飛び道具系](食材)、[必殺ワザ、直接系](フライパン)
フライパンを振り上げて山なりにソーセージや魚などを飛ばす。軌道はランダムに変わる。
ボタンを押し続けることで最大で5つまで飛ばすことができるが、ボタンを連打した方が素早く連続で放てる。
フライパンにも振り上げるとき攻撃判定があり、食材と合わせて2ヒット。フライパンは火炎属性で相手をほぼ真横にふっとばす。
空中の相手なら食材を全HITさせやすい。
飛び道具では珍しく、隙が大きく射程も短い。だが、山なりに飛ぶため、連射すればフライパンと合わせて、前方の近距離エリアをほとんどカバーしてくれる。
ノックバックが大きいので、リーチの短い相手への牽制に役に立つ。復帰妨害にも。挑発にもなる。
百人組み手では最も使える技になっている。突進する必殺技に構えておくのも良いかもしれない

上必殺技 ファイア

ダメージ:6% 発生フレーム:10F トランポリン発生2F
属性:[打撃] 部位:[体、スピン] 必殺技分類:[必殺ワザ:直接系]
フラットゾーン2にもいるあの救助隊が登場し、トランポリンでMr.ゲーム&ウォッチを上方向へ飛ばす。
出だしは完全無敵で(切り札も回避可能)、安全に敵の包囲から脱出ができる。
その上上昇中の体当たりには6%の攻撃判定もある。
大ジャンプ後、パラシュートを開いてゆっくり降下できる。
パラシュートはスティック下or上を入力や空中攻撃、必殺技でキャンセルできる。その後しりもち落下にはならない。

中々使い勝手のいいワザだが、これだけではない。
空中ジャンプをまだ使わずにいて、かつ空中下攻撃や急降下をしていなければ、
パラシュート中に攻撃した後、なんと上必殺技を行ったにもかかわらず空中ジャンプができる
ただし、そのまま上必殺はできない。
前作では復帰でしかほとんど意味を成していなかったが
今作では攻撃、復帰、スマッシュボールの争奪戦などのあらゆる面で超高性能になった。
言わずもがな、復帰に使うべし。すり抜け床の下から奇襲する際にも使える。
相手キャラもレスキュー隊員のトランポリンに当たると大ジャンプする。味方には効果なし。
トランポリンの発生が2Fなのでカービィの前投げコンボを多くて18%で脱出できる。
また、トランポリンの少し上に風圧が発生する。ただし当てにくいので役に立たない。

ちなみに、パラシュートを出した瞬間(開いた瞬間ではない)に各空中攻撃、ジャッジ、シェフのいずれかを出すとパラシュートがキャンセルされ、
攻撃を出しながら急降下する。しかもこの急降下は空中下並みに速く、地上から発動してキャンセルした場合、地上に着くまで空中攻撃が続くほど。
尚、パラシュートを出した瞬間(開いた瞬間ではない)着地すると隙が出来る。

横必殺技 ジャッジ

属性:[打撃](1、2、3、7、9)、[切り裂き](4)、[電撃](5)、[火炎](6)、[氷結](8) 部位:[武器] 必殺技分類:[必殺ワザ:直接系] 発生フレーム:16F
片手にハンマー、片手に数字の書かれたプラカードを持って、ハンマーで攻撃。
数字は最初の一発のみ完全にランダム、それ以降は直前に出た数字以外の8つがランダムに出現。数字によってヒット時の効果が変わる。

ダメージ:

  1. 2%(自分に12%) - 要するにハズレ。自分がダメージを食らってしまう。しかも当てても相手がまったくひるまないために反撃されてしまう。一応空中で当てると、分からない程のメテオがあるが。
  2. 4% - 弱攻撃。相手を転ばせることがある。
  3. 6% - ハリセン効果でシールドを多く削れる。食らった相手は自身の後方に飛ぶ。
  4. 8% - 切り裂き効果。
  5. 3%*4 - 電撃効果で多段ヒット。
  6. 12% - 火炎効果。吹っ飛ばしもそこそこで、9の次に狙ってみたい数字。
  7. 14% - 相手に当たると食べ物出現(空中で当てた場合は出ない)。出るのは100%りんご(4%回復)。吹っ飛ばしは微妙。
  8. 9% - 氷結効果。相手は上に飛ぶ。
  9. 32% - ホームラン効果。14%受けているクッパを終点の真ん中から画面外まで飛ばせるほどの吹っ飛ばし力。

ホームランコンテストではこれでフィニッシュ可能。ただし9のみ。
もし9を出せば一発逆転も狙えるが、どの数字にも共通でOP相殺がかかるので、あまり連発すると9でもとどめがさせなくなるので注意。
ただ、そもそもが(ほぼ)完全に運任せの技な上範囲も狭いので、せいぜい開幕時や閉幕時など極稀に使うぐらい。
一応直前に出た数字は連続で出ないので、9以外を余裕があったら予め出しておくとよい。
余談だが、1と8では撃墜するのは不可能である。

下必殺技 オイルパニック

ダメージ:吸収した攻撃の威力の合計の2.8倍(上限60%)
属性:[打撃] 部位:なし 必殺技分類:[必殺ワザ:飛び道具系] 発生フレーム:7F(吸収) 2F(吐き出し)
相手は限られるが、遠距離依存に対する最強の対策技
バケツを取り出してエネルギー系の飛び道具を吸収し、3発吸収すると体が白く点滅。その状態で再度使用するとオイルを吐き出して攻撃する。
吸収の範囲は広く、バケツに直接触れなくても近くまで来れば自動で吸い込まれる。後ろを向いていようと吸い込めるので適当に出してもOK。ただし吸収中はエネルギー系飛び道具以外には全くの無防備、さらに隙も大きいので、状況を見計らって。
撃墜されても吸収した分がリセットされることはない。
攻撃範囲は結構広く、判定も長く残る。吹っ飛ばしも非常に高いので確実に狙って使おう。

この攻撃の最大威力は非常に勘違いが多いが、トレーニングやボスバトルでは58%で、他では1.05倍補正がかかるため60.9%。
これは単発の必殺ワザとしては最強の威力、吹っ飛ばし力を誇る。
乱戦中の相手にぶちまける事で大量の撃墜数を稼げる。
吸収可能な攻撃はこちら
空中で使用すると一瞬だけ落下が止まる他、「吹っ飛び中に空中NA→オイルパニック」と使用することで非常に強力な吹っ飛び緩和が可能(主に横方向。ただしオイルを吐き出す際には緩和効果はない)。慣れが必要だが、ゲムヲ使いならぜひマスターしたい。
なお、必殺技分類は「必殺ワザ:飛び道具系」ではあるが、吐き出すオイルはなぜか反射も吸収もされない。


弱攻撃

地上技の中では発生が最速。判定も強いため近づかれたら出しておくのも悪くない。
また、下投げ→弱攻撃も良い。ただし受身を取られると当たらない。

  • グリーンハウス
    ダメージ:3%→1%*n 発生フレーム:4F
    属性:[打撃] 部位:なし
    殺虫剤を吹きかけて攻撃する。1発目はダメージ3%で、それ以降は1%の連打攻撃。
    ボタン押しっぱなしで連射可能。
    判定が強く連射可能なため使いやすいが、使いすぎるとあっさりずらされるので注意。
    なお、前作よりも連射性能が大幅に上がっている。

強攻撃

相変わらずの範囲の広さ。タイマンで大活躍。

  • 横強攻撃 ライオン
    ダメージ:10% 発生フレーム:10F
    属性:[打撃] 部位:[武器]
    前方にイスを突き出す。
    持続時間が長く、射程もそこそこ、相手の迎撃に使えるが上と後ろは無防備になる上、出が遅いので若干使いづらい。
    持続時間の長さを生かして置き技に。
  • 上強攻撃 フラッグマン
    ダメージ:8% 発生フレーム:13F
    属性:[打撃] 部位:[武器]
    旗を頭上で一振り。上方向への判定が強い。
    出始めの小さな旗には判定がなく、攻撃判定が出るまでがやや遅いが、吹っ飛ばし性能はそこそこ。
    ダメージが少ない相手ならばこの攻撃でお手玉可能。
    対空としての性能は申し分ない。対地には使いづらいか。
  • 下強攻撃 マンホール
    ダメージ:6%(通常時) / 9%(空中時) / 3%(ダウン時) 発生フレーム:6F
    属性:[打撃] 部位:[武器]
    マンホールのフタをちゃぶ台返しする。
    前作ではスマッシュと同等のふっ飛ばし力を持つという異常性能だったが、
    今作では逆にふっ飛ばし性能が非常に弱くなった。
    上部への攻撃判定はないが、リーチが長く出も非常に速く、連打で判定がずっと続く。地上戦の主力。
    また、崖際で相手への復帰阻止として非常に役立つ。

空中攻撃

DX同様優秀な攻撃が揃い踏み。牽制、奇襲、バーストなど用途も分かりやすい。
SJからの各種空中攻撃を使い切れないと、ゲーム&ウォッチを使いきれたとはいえない。惜しみなく使うべし。

  • 通常空中攻撃 トロピカルフィッシュ
    ダメージ:5% + 4%*3 発生フレーム:7F
    属性:[打撃] 部位:[武器]
    金魚鉢から魚をばら撒く。発生と範囲が優秀で扱いやすい技。
    前作のパラシュートに比べて出が早くなったが、吹っ飛ばし性能は低下し、最後の一撃でそこそこ飛ばせる程度になった。
    地対空、空対空の攻撃に最適。癖がなく範囲も広いためどんな状況でも使いやすい。
    ボスバトルでも大活躍。
  • 前空中攻撃 セメントファクトリー
    ダメージ:16%(出始め) / 6%(時間経過) 発生フレーム:10F
    属性:[打撃] 部位:[武器]
    箱で殴り付ける。前作と殆ど変わらない性能を持ち、威力が高く持続時間も長い。
    だが着地隙が大きい部類になってしまった為、前作より使い勝手と攻撃のテンポが落ちた。
    追撃用として重宝する。復帰阻止にも有効。
    SJから出すと着地時の隙が大きい。止めを刺すとき以外は使わないほうが無難か。
    凶悪な使い方として、40%前後のダメージを受けている場外にいる相手に対して
    この攻撃を上手く2回連続で当てる事でバーストまで追いやる事ができる。
  • 後空中攻撃 タートルブリッジ
    ダメージ:3%*5 / 3%(着地時のこうら) 発生フレーム:10F
    属性:[切り裂き] 部位:[武器]
    後ろを向いて亀を出しての連続攻撃。
    出の早さ、リーチ、判定、持続時間、威力などいずれも優秀で、最後の一撃で吹っ飛ばす。攻撃モーション中に着地した時もこうらに攻撃判定があり、これを当てると相手を大きく吹っ飛ばせる。
    リーチと持続時間を筆頭にあらゆる面で優れた高性能技。更にガードクラッシュ率も高い。
    前作のあの性能からは考えられない程の進歩を遂げていると言える。SJからの牽制はこれで。
    ただし、ずらしで抜け出されて反撃を貰うこともあるので、慣れている相手にはあまり振らない方がいい。
    この亀ずらしが広まったことによりゲムヲの空中攻撃の使い勝手が悪くなり上級者相手だと分が悪い。
  • 上空中攻撃 スピットボールスパーキー
    ダメージ:7%→9% 発生フレーム:6F
    属性:[打撃] 部位:なし
    [押し出し]
    口をエアポンプのように変化させ、上方に2回空気を噴射する。
    上昇気流を発生させる為相手を浮かび上がらせる効果が付いた。
    チーム戦で同士討ちありの設定ならこの性質を利用して味方を助ける事が出来たり、上方向に吹っ飛ばした相手を味方に追撃させたり出来る。
    2発目で強く吹っ飛ばす。フィニッシュも可能だが当てにくいのが難点。
    この技の一番凶悪な使い方として、毒キノコやサンダーで小さくなった相手に気流を当てる事で画面上部へ押し出し撃墜するという離れ業がある
    また惑星コーネリアの様な上のデッドラインが低いステージでは相手が通常サイズでも即死させられる事も。
    使い方次第ではかなり凶悪な技。
    ちなみに風圧の範囲はかなり広く、OP相殺も可能。
  • 下空中攻撃 ドンキーコングJr.
    ダメージ:14%(出始め) / 13%(鍵部) / 6%(着地時) 発生フレーム:12F
    属性:[打撃] 部位:[武器]
    [急降下][メテオ]
    カギを持って落下。この類(急降下技)の技の中では判定が強い。
    出だしヒットでメテオ効果。低空で使えば出だしと着地の2ヒットが狙える。
    前作と異なり使うと自身が猛スピードで落下するので、足場外で使うと自滅する恐れあり。
    しかし、急降下攻撃にしては発動時間が短く、足場より少し高い位置なら復帰が可能。
    急降下の最中にスティック下を入力すると落下がゆっくりになる。
    これによりフェイントをかける事が可能。また、メテオを狙う時に自滅しにくくなる。
    若干ながら左右の移動も可能。
    上必殺技からの連携に非常に有効。また踏み台ジャンプから出すのも良い。

ダッシュ攻撃

  • ヘルメット
    ダメージ:11% 発生フレーム:8F
    属性:[打撃] 部位:[頭]
    ヘルメットを被って思い切り倒れこみながら頭突きをかます。
    食らった相手は自身の斜め後方に飛ぶ。
    出は速く、持続時間は長く、判定も強力。ただ、ダッシュ攻撃の常としてガードされるとほぼ確実に反撃をもらう。
    空中攻撃に絡めて不意に出すといいかもしれない。
    ジャッジで7がヒットした時なら、追撃しながらリンゴを食べられる。

スマッシュ攻撃

極めて高威力で、隙も小さい。が、出は遅め。
蓄積ダメージが90%ほど溜まっていれば楽々バーストが狙える。

  • 横スマッシュ ファイアアタック
    ダメージ:18%〜25% 発生フレーム:17F
    属性:[火炎][打撃] 部位:なし
    たいまつを振り下ろす。
    出は若干遅いがリーチが長めで威力が高く、凄まじいふっ飛ばしを誇る為フィニッシュ用として重宝する。
    また、判定が長く持続するためその場回避も狩れる。ただし出始めを当てないと威力が大幅に低下する。
    うっかり爆薬箱に対して使用しないように。
    当て方によってはごくまれに打撃属性になることがあり、そのためか火炎耐性を持つレックウザに当てても威力が低下しない。
  • 上スマッシュ オクトパスヘッドバット
    ダメージ:18%〜25% 発生フレーム:25F
    属性:[打撃] 部位:[頭]
    潜水ヘルメットを被って上方向に頭突き。DXでの名称は「オクトパス」だったが、切り札の追加によって名称変更。
    範囲が狭く出も遅いが、威力が非常に高く、ふっ飛ばしも全上スマ中トップクラス。
    更に判定も強く、少々の空中攻撃なら一方的に打ち勝てる。バースト目的で使用する分には申し分ない性能。
    後隙は少なく連射も可能。対空用の上強、バースト用の上スマと使い分けられるとグッド。
  • 下スマッシュ バーミン
    ダメージ:13%〜18%(ハンマー) / 15%〜21%(地震) 発生フレーム:15F
    属性:[打撃] 部位:[武器]
    両手に持ったハンマーを自身の両脇に振り下ろす。
    ハンマーだけで無く外側にも別の攻撃判定(このページでは地震と呼ぶ)が発生する。
    ハンマーは真横に、地震は上方向に吹っ飛ばす。
    ハンマーの吹っ飛ばしは並程度だが、地震の吹っ飛ばしは非常に強い。
    前作ではハンマー本体を当てないと威力、吹っ飛ばしも微弱なものだったが
    今回は当たり方に関係なく遠くまで吹っ飛ばせる。吹っ飛ばし力は下スマの中で最強とも言われる。
    下スマの中では出が遅めな方だが、範囲、威力、隙の無さが優秀な攻撃。
  • バーミンを使った連携技
    • 下スマッシュ → 上必殺技(囲まれた際、安全に立ち回るときに使う)
    • 掴み攻撃 → 下投げ → 下スマッシュ(タイマン時に多くのダメージを稼ぐのに便利)
    • 空中下攻撃 → 下スマッシュ(空中下攻撃をミスしてしまったときの保険)

つかみ

いずれも動作が長いため乱戦時は不向き。威力はそこまでないが、下投げからは攻撃が繋がりやすい。

  • つかみ
    発生フレーム:6F ダッシュつかみ:9F
    つかみリーチは短い。ダッシュつかみも発生は早いがリーチはそこまで長くならない。
    投げ自体の威力も低いため、総じて性能は低め。
  • つかみ攻撃 アラーム
    ダメージ:3%
    属性:[打撃] 部位:[武器]
    ベルで殴る。威力は高いが連射性能が最低クラス。
    OP相殺回復もできるため、余裕があったら一発かますのもいい。
  • 前投げ ボール(前)
    ダメージ:8%
    属性:なし 部位:[投げ]
    相手をお手玉した後斜め前方に投げる。
  • 後投げ ボール(後)
    ダメージ:8%
    属性:なし 部位:[投げ]
    相手をお手玉した後斜め後方に投げる。
  • 上投げ ボール(上)
    ダメージ:8%
    属性:なし 部位:[投げ]
    相手をお手玉した後上方に投げる。
    固定吹っ飛ばし力が高く、上へのデッドラインの低い場所だと凶悪。
    サドンデスではフィニッシュに使えなくもない。だが重量級には緩和無しでも生き残られるので注意。
  • 下投げ ボール(下)
    ダメージ:6%
    属性:なし 部位:[投げ]
    [メテオ]
    相手をお手玉した後、自分のすぐ前に落としてダウンさせる。
    ダウンした相手には一部の攻撃が確定で入る(下記参照)ほか、相手の起き上がりや受身方向を読んで追撃ができる。
    また、相手が後ろにベクトル修正を行った場合は後ろに落ちるため、弱、下強は繋がらない。
    相手が受け身を取った場合はダウンにならないので、追撃できない。
    確定と思って攻撃すると反撃されてしまうことも。食らったほうとしてはゲムヲの後ろにベクトルをずらし、受け身をとるようにしたい。慣れれば簡単。
    ちなみに崖際で発動するとメテオになることも。
    下投げからの連携

起き上がり

  • 起き上がり攻撃
    ダメージ:6%
    属性:[打撃] 部位:[武器]
    左右にハンマーを振り下ろす。

崖登り攻撃

  • ダメージ100%未満
    ダメージ:8%
    属性:[打撃] 部位:[武器]
    崖をすばやく登りつつベルで攻撃。比較的判定が強め。
  • ダメージ100%以上
    ダメージ:10%
    属性:[打撃] 部位:[武器]
    100%未満の崖登り攻撃がそのまま遅くなった感じ。
    下手に出すと相手に読まれてガードされ、そのままバースト確定してしまうので注意。

基本的な立ち回り

ゲーム&ウォッチの攻撃は殆どが道具を使うため、範囲が他のキャラに比べて広い。
よって、基本は少し距離を置いて攻撃するのがベスト。飛び道具が出されたらオイルパニックで吸収するなりしゃがんでよけるなり対処しよう。自身の飛び道具を3つ吸い込まれたときの相手のプレッシャーは半端ないはず。
全キャラ中2番目に軽いのでダメージが少なくてもすぐやられてしまう(1番はプリン)が、他の能力がそれを補って余りあるほどなので、性能に頼った戦い方が出来る。
特に上必殺技は使用後空中でのあらゆる行動ができるため、復帰はかなり容易。

空中攻撃はどれも優秀なためお世話になる。
SJからの空中後で牽制しつつ、下強、下スマなどでプレッシャーを。
空中後に限らず、SJから各種空中攻撃を繰り出していくのはゲーム&ウォッチを使う上で重要なポイントになる。
SJを使いこなせて初めてゲーム&ウォッチの性能を引き出せると言っても過言ではない。
また空中攻撃で相手の目を慣らしておき、ダッシュ攻撃も絡めていくと相手としては対処しづらい。
決めワザは各種スマッシュ、空中前あたりか。

乱戦でもその吹っ飛ばし能力と攻撃範囲の広さは猛威を振るう。空中下で乱戦中の相手に飛び込んで下スマッシュ、はお手軽かつかなり強力。それゆえ多用し過ぎると嫌われるかもしれないので注意。リスクはあるが上スマッシュを狙うのもあり。
ピンチに陥ったら上必殺で空中に逃げる。そのまま空中下で再び突撃するのもいいが、ダメージが溜まりすぎているなど危険な状況であればパラシュートで相手の攻撃が届かない場所まで避難すべし。


復帰方法
(吹っ飛び緩和)

  1. 空中NA → オイルパニック(吸収時)
  2. 空中下攻撃

横方向への吹っ飛びにはとにかく1。オイルパニックには非常に優秀な吹っ飛び緩和効果があり、うまく使えば中~重量級並みに生き残ることもできる。ただしオイルを吐き出す際は緩和効果はないので、オイルが満タンの場合はさっさと吐き出して相手にぶつけてしまうか、緩和に空中ジャンプなどを用いるように判断できるとよい。もし満タンオイルパニックを緩和に出してしまうと、一切緩和できないため、一撃必殺の攻撃を失った上にバーストと一気に不利な状況となってしまう。
上方向への吹っ飛びは基本2を使う。G&Wの空中下は急降下攻撃なのに吹っ飛び緩和の効果を持ち合わせているため、これで緩和可能。ちなみに上方向への吹っ飛びは1でも緩和可能なのだが、オイルパニックが出る前に星になってしまうことも多い。ただしニューポークシティのような天井の高いステージだと出すことが可能で、いざ出せた場合は例によって空中下で緩和したときよりも強力な緩和が可能。やはりこちらも使い分けが大事。

(復帰方法)

  1. 空中ジャンプ → ファイア → 各種空中攻撃
  2. ファイア→ 下以外の空中攻撃 → 空中ジャンプ → 空中回避

2がもっとも安全な復帰術。空中ジャンプしていなければ後者を優先に。


攻略
G&Wの技の多くは判定に優れる上武器判定だが、剣キャラにはリーチ負けするため、やや苦戦する傾向がある。また、下強以外には発生とリーチの両方を備えた技が多くなく、下強の発生(6F)を上回りかつリーチの長い技を持っているキャラにも全般的に弱い。また体重の軽さが災いし吹っ飛ばしの高い一発が非常に恐ろしい。
 
G&Wが苦手なキャラはだいたいが復帰が弱かったり融通が利かなかったりといった弱点があるため、基本的な対策は復帰してくるところを叩くといったものになる。

スネーク
ファルコ
マルス
アイク
メタナイト

対ゲーム&ウォッチ

地上では発生とリーチに優れたマンホール(下強)が厄介。
リーチのあるキャラ(マルス、リンク等)はG&Wのリーチの外から攻撃することが可能なため、こちら側の間合いで攻撃していこう。マンホールの発生は6Fなので、それより出の早い技で押し切るのも有効。リーチが長ければさらに戦いやすい。
空中戦もG&Wの主戦場。空中制御しやすいキャラなので楽には攻められないだろう。また、毒キノコを取ってしまうなどで小さくなったときに、空中へ逃げるのはやめておこう。空中上の上昇気流効果で、上のデッドラインまで吹き飛ばされてしまうことがある。
エネルギー系の攻撃を連射するとオイルパニックで吸われるため乱発は厳禁。オイルパニックの威力・吹っ飛ばし力は脅威で、G&Wがオイルパニックを発動できる状態というだけで大きなプレッシャーになる。

G&Wは軽いキャラなので一撃が当たればそれだけで試合を優位にもっていくことが出来る。オイルパニックの緩和を使われるとしぶとく生き残られてしまうが、上方向へは強い緩和ができないため、上方に吹っ飛ばせば手早く倒すことができる。
浮かせた際は空中下で降りてきてそのまま下スマなど打たれる可能性大なのでうまく回避やガードをしてカウンターを入れよう。
ただ下スマは出が早く後隙もあまりないので反撃は速攻で。反撃が狙えないようなら防御に徹して距離を置き仕切り直そう。

下投げされたら即座に受け身を取ろう。取れないと追撃をもらう。
追撃で下スマを当てられると真横に吹っ飛び、復帰が厳しくなるキャラもいるので要注意。
G&Wに限らず各種連携は強力だが基本テクニックで回避可能なケースが多い。腕を磨こう。

ボスバトル

地上戦と空中戦で優位性が大幅に変わるキャラ。
地上戦では下スマッシュと横スマッシュで攻める。下スマはリーチは短いが隙が少なく回避行動を取りやすい、横スマはリーチが長く当てやすいと一長一短なので使い分けるとよい。
上必殺技のファイアの出だし無敵も利用すれば更によい。
ジャンプで攻撃を回避した際には空中下攻撃で追撃すると更にダメージ効率が高まる。

最大の弱点が空中戦。回避に関しては問題なく攻撃の威力も高いが、どの攻撃も硬直が長く連発できないためダメージ効率は低い。
低空から上空へ攻撃する手段も少なく、結局ジャンプからの空中攻撃しか頼れない。
総じて空中のボスは長期戦になりやすく、ダメージも受けやすくなる。
かなり吹っ飛びやすく攻撃を受けるリスクが非常に高いため、そのようなケースに陥るほど辛い。
空中ボスとは慎重に戦い、地上で攻撃を当てる機会は逃さないようにしたい。

どうしても空中技を使わなければならない場合、一番使いやすいのが空中N攻撃なのでこれを使用したい。上記のファイア→空中下も組み合わせて使えばさらに有効。
実用性はかなり薄いが、デュオンとマスターハンド相手にはオイルパニックを使うことができる。

亜空の使者(ネタバレ注意!)

それでもよいならこちらからどうぞ

演出

登場の方法(画面内登場)
ゲーム&ウォッチの液晶画面のような画を伝って登場。
キャラ選択時のボイス
ゲーム&ウォッチの電子音
アピール

  • 上アピール
    上向きにベルを鳴らす。
  • 横アピール
    横向き(公式絵のポーズ)でベルを鳴らす。前作DXのアピール。
  • 下アピール
    小さくジャンプしてポーズ。

勝利ポーズ

  • BGM
    オリジナル。前作から変更され明るい感じに。
  • ポーズ1[Bボタン]
    左右に振り向きベルを鳴らす。
  • ポーズ2[Yボタン]
    電子音を出しながら左右にカクカク動く。
  • ポーズ3[Xボタン]
    万歳のように何回もジャンプし喜ぶ。

敗北ポーズ
横を向くように拍手。


主な出演作品

ゲーム&ウオッチ シリーズ

1980年代初頭の任天堂の代表作とも言うべく作品。開発者は横井軍平氏。Mr.ゲーム&ウォッチの技のほとんどや彼の見た目はこれらのゲーム一つ一つが元になっている。例を挙げると、

  • ボール(投げ攻撃)…玉を落とさないように手を動かしてお手玉するゲーム。ゲーム&ウオッチ第1号のゲーム。
  • ファイア(上必殺ワザ)…火事になったビルから落ちてくる人をトランポリンで救急車に運ぶゲーム。これでビルから落ちてくる人がMr.ゲーム&ウォッチの見た目のモデルになった。
  • マンホール(下強攻撃)…マンホールで道を作り、人を落とさず通行させるゲーム。
  • オクトパス(上スマッシュ、最後の切りふだ)…大タコに捕まらないように海中のお宝を持ち帰るゲーム。上スマッシュと切りふだはそれぞれお宝を回収する潜水夫とタコがモデル。
    などがある。

Mr.ゲーム&ウォッチの技がシリーズの全てではなく、「スヌーピー」「ミッキーマウス」のような版権物や、「クライマー」「ゼルダ」のような任天堂のほかのゲームを移植したものもある。
また、上下の二画面になっている「マルチスクリーン」タイプは、現在のニンテンドーDSの原型になった。
大ブレイクを起こしたが、1983年のファミリーコンピュータ発売により人気が減少、衰退していくことになる。

ゲームボーイギャラリー シリーズ(GB,GBA)

上記のオリジナルのゲーム&ウォッチのゲーム(作中では「むかしモード」と表記)を移植し、さらにマリオシリーズのキャラクターを主人公にしたパワーアップバージョン(「いまモード」と表記)を追加したゲームボーイ用ソフト。本物のゲーム&ウォッチはやったことがなくても、こちらをやったことがある、という人もいらっしゃるのではないだろうか?
日本では「ゲームボーイギャラリー3」までが発売されたが、海外ではさらに続編の「GAME&WATCH GALLERY 4」がゲームボーイアドバンスで発売されている。
これにはMr.ゲーム&ウォッチ自身が出演しており、作中においてはなんとマリオと会話をした。

大乱闘スマッシュブラザーズDX(GC)

おなじみ前作のスマブラ。「Mr.ゲーム&ウォッチ」の名称がつけられたのはこの作品から。
彼は最後の隠しキャラ(ゲーム&ウォッチ以外を出していないと条件を満たせないため)であり、誰もが「まさかこいつが」と思ったに違いないだろうチョイスだったと思われる。

Touch! Generationsシリーズ(DS)

「DS楽引辞典」「漢字そのまま DS楽引辞典」「しゃべる!DSお料理ナビ」の隠しミニゲームに登場する。

GAME & WATCH COLLECTION(DS)

クラブニンテンドー限定ソフト。

ニンテンドーDSiウェア版(DS)

ボール、フラッグマン他9作品が遊べる。


コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 強すぎる!後こいつが一番使いやすいキャラ (^^) -- ううう? 2015-04-21 (火) 20:22:09
  • ワレワレハ ウチュウジン -- ううう? 2015-04-21 (火) 20:24:16
  • コメントページの真ん中より上の荒らしケンカコメやめろw (--; -- 2015-04-21 (火) 20:35:26
  • vgvdsdstxbftxへtxscぜwtxszげdってdふぇtfbwtvxうぇtbxzげxdvctfcvrfxvんwfgxでぇtfwxbgdとぇfxd6rfれ -- 2015-04-21 (火) 20:36:10
  • 下投げ弱攻撃下投げ弱攻撃下投げ弱攻撃下投げ・・・ww -- 2015-08-29 (土) 12:18:12
  • スマッシュの強さが異常 -- 2015-08-30 (日) 14:35:00
  • どのスマッシュも異常なまでの威力ですからね -- 2015-09-04 (金) 07:04:04
  • スマッシュも強いし空中攻撃もかなり使いやすいし、うまく使えば恐ろしいことになる必殺技とか、最強キャラでいいのにww -- 中級者? 2015-12-12 (土) 07:54:36
  • ジャッチがずっと9だったらいいのに... -- 2016-09-23 (金) 21:30:40
  • ↑それ強すぎww -- 中級者? 2016-11-13 (日) 06:24:43
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White