Top > 変化キャラクター
HTML convert time to 0.013 sec.


変化キャラクター

Last-modified: 2014-03-11 (火) 13:21:10

このコーナーでは前作(DX)と比べてステータスや必殺技、攻撃や技の技名が変化したキャラクターについてのぺージです。なぜそうなったのか、理由を追求するページでもあります。脱落した技や技名が変更された技を載せるときは創作wikiの「脱落技」を参考にしてもかまいません。

目次

マリオ

全体的に少々癖がある技が増え、あまり初心者むきとは言えなくなった(ゲームに慣れるために使えるという意味では変わりはないが・・・)。
「マリオトルネード」が復帰技に使用できなくなったため、復帰力がやや低下した。
その代わりスーパージャンプパンチの当たり判定が異常に強くなり、復帰阻止されにくくなった。
また、スーパージャンプパンチの着地時のモーションが変更され、大きな隙が出来るようになった。
ファイアボールのバウンドが極端に低くなり、飛距離が短くなった。
下必殺技「マリオトルネード」が「ポンプ」に変更された。
代わりに空中下攻撃が「ドリルキック」から「マリオトルネード」に変更された。
初心者に対しての敷居がやや高くなった分、ポンプの登場によって対応力がより高くなったため、かなりの玄人向けキャラとなった。

  • 理由
    1「マリオトルネード」は必殺技にふさわしくなかったから?(必殺技は飛び道具や他のキャラにないような攻撃が多いため「マリオトルネード」は普通すぎた?)
    2スーパーマリオサンシャインのポンプをどうしても採用したかったから?
    3三作続けて主人公格なため出来ることが多くなったから?
    4色々な意味で標準である必要があるため、バランスを取るために癖のあるわざの要素を取り入れたから?

ルイージ

全体的に動きが遅くなったが癖が少なくなった。
その場回避が高性能化したため、スーパージャンプパンチの使い勝手が大幅に上昇した。
横必殺技「ルイージロケット」は最大まで溜まってもボタンを離すまで発動しなくなった。
また、暴発率が低下した。着地硬直が長くなった。また、壁に頭が刺さってしまうようになった。
上必殺技「スーパージャンプパンチ」のしりもち落下の硬直時間が大幅に長くなった。しかしその分横移動距離が増しているため復帰技として使いやすくなった。
下必殺技「ルイージサイクロン」空中使用時に勢いを殺さなくなり、上昇力が極端に上がった。
空中攻撃の威力が若干落ちた。特に空中Nと空中下ははっきり判るレベル。
空中ではふわふわした感じになり、スーパージャンプパンチやルイージサイクロンが復帰に使いやすくなった。
声が最近の作品に見られる低めの声になった。ただし、声優は変わってない。
それに伴い、ローテンションさやネガティブさが強調され、イロモノ色が強くなった。
足が若干遅くなった。
それより何故マリオはポンプを採用しているのに、ルイージはオバキュームを使わないのか?

ピーチ

前作では5強に君臨していたためか全体的に大幅に弱体化した。
横必殺技「ピーチボンバー」のエフェクトが爆発からハートに変更された。
上強攻撃が「ヘディングクラウン」から「マジックハート」に変更された。
そのため上強攻撃もハートのエフェクトが出るようになった。
上必殺技「ピーチパラソル」の上昇力が上がった。
投げ技の吹っ飛ばし力が大幅に減少し、投げでのバーストが非常に困難になった。
空中ジャンプの上昇力が大幅に低下した。
これにより空中浮遊がかなり使いやすくなった。
下スマッシュ「ドレスエッジ」の威力が大幅に弱体化した。前作ではかなりの高ダメージを与えられ、フィニッシュ技としても使えたが、今作は最大でも29%、しかも全然吹っ飛ばない。なおかつ発生、隙、リーチにおいても弱体化した。
声優が変更された。(ジェン・テイラー→サマンサ・ケリー)

クッパ

全体的に攻撃力やリーチが上昇し、使い勝手も上がりかなり強化された。
弱攻撃や強攻撃などのリーチが伸びた。
弱攻撃の名称が前作では逆だったが、修正された。
横スマッシュ「ブルヘッド」が二段攻撃になった。
通常必殺技「クッパブレス」が上下シフト可能になり、使い勝手が向上した。
横必殺技「かみつき」が「ダイビングプレス」に変更され、道連れが可能になった。
下必殺技「クッパドロップ」を地上で発動した時のジャンプに攻撃判定が追加され、使い勝手が向上した。
前作では怪獣のようなデザインだったが今回は原作のものに近くなった。
声は前作と同じくサウンドエフェクトだが新たに収録されている。
(ただし、Wiiリモコンで選択したときの声は前作のものを使っている)

ドンキーコング

全体的に技の当たり判定が強化された。
体がやや大きくなったことでリーチが全体的に伸びた。
通常必殺技「ジャイアントパンチ」のリーチが短くなり、当てにくくなった。
ジャイアントパンチ最大溜めにのみ、アーマー効果が追加されている。
しりもち着地時の隙が大幅に増えた。
下強攻撃の技名が「足もとビンタ」から「ロースラップ」に変更された。
声が前作とは違うSEが使用されている。

ヨッシー

デザインがやや変更され、近年の作品に見られるかわいらしい姿になった。
全体的に癖があまり無くなった。
上必殺技「たまごなげ」を空中で使った場合、数回のみ少し上昇するようになり、復帰に使えるようになった。
下必殺技「ヒップドロップ」を地上で発動した時のジャンプに攻撃判定が追加された。
横強攻撃「つよいけり」のモーションが変化。
ブロッキング、ぺちなどのテクが使えなくなった。
空中下攻撃「ばたあしキック」の攻撃力が低下した。

リンク

グラフィックがトワプリ仕様に変更された。(各種装備品も同様)
声優が変更された。(檜山修之→笹沼晃)
攻撃力・リーチ以外は全体的にやや弱体化している。
リーチが全体的にやや長くなった。
空中前攻撃の技名が「回転なぎ払い」から「螺旋切り」に変更された。
通常必殺技の技名が「弓矢」から「勇者の弓」に変更された。
横必殺技「ブーメラン」が「疾風のブーメラン」に変更され、戻ってきたブーメランには引き寄せ効果が付いた。
代わりに戻ってくるブーメランの攻撃判定は消滅している。
上必殺技「回転斬り」が地上ではため可能になった。しかし空中での上昇力が大幅に落ちた。
また、終了時に一瞬リーチが伸びることはなくなり、さらに終わり際のポーズまであったほどの攻撃判定が残る時間が短くなった。
さらに、先端部分を当てても相手を斜め下へ非常に強く吹っ飛ばすことはなくなった。
ボタン連打による特殊弱攻撃「幻影突き」がなくなった。
横スマッシュ攻撃の一段目「スマッシュ切り」が強化された。
そのため普通のスマッシュとして使ってもさし支えがなくなった。
つかみ、空中つかみ「クローショット」(前作は「フックショット」)のリーチが大幅に短くなり、回転切りとあわせて復帰力が低下した。
攻撃時などに剣が光るようになった。

  • 理由
    1トワプリ風になったから?
    2回転切りはためられる方がよかったから?

ゼルダ

グラフィックがトワプリ仕様に変更された。
攻撃力やリーチが上昇し、前作とくらべかなり強化された。
魔法の発生が早くなった。
下強攻撃の技名が「足払い」から「ローキック」に変更された。
横必殺技「ディンの炎」の発生が早くなり、威力と範囲が強化され、射程が短くなった。
これによりディンの炎はゼルダの代表技の一つとなった。
上必殺技「フロルの風」の終了時に攻撃判定が追加され、崖捕まり阻止されにくくなった。
下必殺技「シークチェンジ」の発動中は無敵になったが、変身するまでの時間が長くなり、後隙がやや大きくなった。

  • 理由
    ロードにかかる時間が長くなったから?

シーク

前作では5強だったためか全体的に弱体化した。
グラフィックが、トワプリの開発途中で考案されたものに変更された。
通常必殺技「仕込針」のチャージ仕様が他の技と同じになった。
横必殺技「鉄糸舞」でワイヤー復帰が可能になった。
下必殺技「ゼルダチェンジ」の発動中は無敵になった。
空中前攻撃の威力が大幅に低下した。
空中上攻撃の吹っ飛ばし力が低下した。
空中下攻撃が「百舌」から「百舌改」に変更され、急降下技になった。
横スマッシュの2段目の吹っ飛ばし力が上昇した。
下投げの吹っ飛ばし力が上昇し、投げ連が不可能になった。

ガノンドロフ

グラフィックがトワプリ仕様に変更され、中年体型になった。
そのためか全体的に運動性能が低下した。
DX同様ファルコンと似た技構成だが、変更されたモーションが多い。
前作とは同じような技に見えてもかなり性能に違いがある。そのためファルコと同じく前作のような感じでは使えなくなっている。
全体的に技のヒットストップが長くなった。
通常必殺技「魔人拳」の威力が上昇した。また、モーションが変更された他、振り向きが可能になった(「ファルコンパンチ」も同様)。
裏魔人拳(密着して当てても威力が上がること)はなくなった。
横必殺技が「地竜拳」から「炎獄握」に変更された。
そのため道連れが可能になった。崖捕まりが可能になり復帰にも使えるようになった。
上必殺技「雷神掌」の威力が大幅に低下した。
同じく上必殺技「雷神掌」のモーションが変化し、掴まなかった際にはアッパーカットを出すようになった。
下必殺技、「裂鬼脚」→「烈鬼脚」と漢字表記が変更された。
同じく下必殺技「烈鬼脚」を発動しても空中ジャンプの回数はリセットされなくなった。
弱攻撃のリーチが伸びた代わりに隙が大きくなった。
横強攻撃が「甲冑割り」から「突破蹴」に変更された。
弱攻撃、下スマッシュ、空中N攻撃の発生が遅くなった。
上スマッシュが「二連脚」から「打上脚」に変更された。
そのため上スマッシュは2段から1段に変更され、ダメージが減少した。
上強攻撃の発生が若干早くなり、引き寄せ効果が追加された。代わりに破壊力は減少している。
前作に比べよりパワータイプ色が強くなった。
タイマン時の性能に関しては大幅に弱体化したが、乱戦やチーム戦にはかなり強くなっている。
声優が変更された。(長嶝高士→宮田浩徳)
自慢の剣のデザインが変更された……が、結局使わない。

今作のガノンは他のキャラクターと比べると、全体的に酷い扱いをされている。
前作では強キャラでもなかったのに、今作では弱キャラといわれるほど弱体化されており、
さらに、公式でもネタキャラ扱いされいたりと散々。

サムス

パワードスーツの柄がゼロミッションのギャラリーモードのイラスト風(?)に変更された。
DXとXの間に発売されたプライムシリーズではスーツのデザインなどが2Dシリーズのものと大きく異なっているが、こちらは全く反映されていない。
カラーチェンジの細部が変更された。特に茶色はヘルメットの色や胴体の色などに大幅な変更がある(前作までは茶色も他のカラー同様ヘルメットが赤で胴体が黄色だった)。
チームバトルでの赤チーム時と青チーム時のカラーが変更された。(赤チーム:オレンジ→ピンク、青チーム:紫→水色)
前作と比較すると操作性にかなり違いがあり、若干癖のある感じになっている上に性能面でも大幅に弱体化している。そのため前作のような感じでは使えなくなっている上、初心者に対する敷居が非常に高くなった。
この為か使い手の人数が激減した。
前作に比べパワータイプ色がかなり薄くなり、トリッキータイプ色が強くなった。
殆ど全ての攻撃の威力が低下し(特に空中Nははっきり分かるレベル)、判定が弱くなった。
これにより決め手がかなり少なくなった。
相対的なキャラサイズが前作に比べかなり大きくなり、攻撃を受けやすくなった。これにより技の打点も高くなり、2連ミサイルの1発目(強の場合)が背の低いキャラには当たらなくなった、ダッシュ攻撃などがダウンしている敵には当たりにくくなったなどのデメリットがある。
キャラサイズだけ大きくなったものの移動速度やジャンプの高さがほぼ前作のままである為(DXステージで確認可能)、相対的な運動性能が大幅に低下している。

  • 理由
    1身長190cmという設定なので他キャラより少し大きい方が自然だから?
    2前作では横吹っ飛び耐性、復帰力共に全キャラ中トップクラスでタフ過ぎたので、ダメージが溜まり易いように修正された?
    3新キャラであるゼロスーツサムスを目立たせる為に動きが遅く見えるようにした?

上吹っ飛び耐性が大幅に強化された(前作では横吹っ飛び耐性は全キャラ中3位だったものの上吹っ飛び耐性は中量級と同程度しかなかった)。
空中掴みの威力が強化された。特にふっ飛ばしが大幅強化され、練習を要するが相手のダメージと位置によってはフィニッシュ技としての使用も可能になった。
掴みを失敗した時の隙が若干小さくなった。
空中掴みのワイヤーが崖にしか張り付かない仕様に変更されたことにより、新キャラの復帰力インフレとも相まって相対的な上復帰力が大幅に低下した。
横スマッシュのリーチが短くなった。
前作に比べ、ジャンプ時の軌道がよりフワフワしている。また、急降下の性能が大幅に低下した。
下必殺技「ボム」の仕様が以下のように変更され、前作と比べると大幅に弱体化した。
・デザインが変更された。
・完全な時限制となり、敵などに接触しても爆発しなくなった。
・ボムジャンプ中に丸まり状態をキャンセルして攻撃、回避が出来なくなった(丸まっている間は左右移動以外の入力を受け付けなくなった)。
 上記2つの仕様変更により相手の懐に入って下必→ボムジャンプキャンセル空中下の確定コンボが使えなくなった。

  • 理由
    1爆発物を扱う他のキャラは皆自分の爆弾の爆風でもダメージを受けるので、「爆風を受ける事」をデメリット扱いにしたかったから?
    2後述のハンマーバグを消すにはこうするしかなかった?

・ボムを出した後あるコマンドを入れる事で高速で移動するテクニック(超絶、ボムダッシュなどと呼ばれる)と、ボムジャンプと同時にハンマーを取ることでハンマーを投げたりハンマーを持った状態で必殺技を出せる(これらを組み合わせて、ハンマーを持った状態で超絶することも出来た)というテクニックが廃止された。

  • 理由
    単なるバグだったから?

掴み間合いを2倍にした上にホーミング可能にするコマンド(こちらはバグではなく仕様。但し、オセアニア、フランスを除くヨーロッパ、ブラジルなど一部の海外版ソフトには元からこの隠しコマンドが搭載されていない)が廃止された。つまり、前作にあった3大裏技が全てなくなった。
横必殺技「ミサイル」のスマッシュ時のグラフィックがスーパーミサイルになり、非スマッシュ時と大幅に区別化されるようになった。しかし発生、威力共に前作よりも弱体化した。 ※余談だが、前作でもミサイルのグラフィックがスマッシュ時と非スマッシュ時で微妙に区別されており、ミサイルの形状は同じだが後ろの炎の色が異なっている。
飛び道具の射程が前作よりもかなり短くなった。
走る時の手の振り方が変更され、64版に近い感じになった。
ダッシュ状態から突然立ち止まった時のモーションが変更された。
おっとっとのモーションが変更された。
弱攻撃2段目の技名が「ガンポッドハンマー」から「アームキャノンハンマー」に変更された。
横スマッシュの技名が「ガンポッドナックル」から「アームキャノンナックル」に変更された。

  • 理由
    スマブラDXより後に発売された「メトロイドプライム」で初めてアームキャノンの呼称が登場したため?(出典

下強攻撃「アースブラスター」のふっ飛ばし力が低下した。
空中下攻撃の技名が「メテオナックル」から「メテオドロップ」に変更された。
攻撃やジャンプなどの際の効果音が全て変更され、より重量感のある音になった。(但し、キャラ選択ボイスは前作の空中ジャンプ時の効果音が使用されている)

アイスクライマー

2人同時に崖に捕まる事ができるようになった。
通常必殺技「アイスショット」のハンマー部分の攻撃判定が消滅した。

  • 理由
    1ハンマーにまで当たり判定があるとちょっと反則級になるから?

上必殺技「ゴムジャンプ」がワイヤー復帰扱いになった。
横強攻撃の技名が「真横たたき」から「横たたき」に変更された。
下スマッシュの技名が「回転たたき」から「回転はたき」に変更された。
空中前攻撃の操作キャラの方の攻撃がメテオではなくなった。
空中下攻撃が「下突きもどき」から「急降下ハンマー」に変更された。
そのため空中下攻撃が急降下するようになり、奇襲にも使えるようになった。

カービィ

技の見た目は殆ど変わっていないが、性能や戦い方の方向性は様変わりしている。
全体的に強化されたが、下系通常攻撃と空中上が弱化した。しゃがみと下取りの有効性が落ちたと言える。
横必殺技「ハンマー」の空中での振り方が、縦回転から横振り二連に変化し、吹っ飛ばし力が上がった。
(ゲーム紹介ムービーと説明書では前作同様縦回転となっている)
下必殺技「ストーン」を地上で使った場合に攻撃判定が追加された。ダメージが外観に関係なく固定された。
下強攻撃のリーチと威力が低下したが、隙が少なくなった。
ダッシュ攻撃が「バーニング」から「ブレイクスピン」に変更された。
上スマッシュの技名が「エアカッター」から「サマーソルトキック」に変更された。
空中前攻撃の技名が「カービィスパイラル」から「トリプルアタック」に変更された。
空中上攻撃の技名が「トリプルアタック」から「エアカッター」に変更された。
空中上攻撃の吹っ飛ばし力が大幅に低下した。
横・上スマッシュの吹っ飛ばし力が大幅に上昇し、カス当たり部分が縮小された。
下スマッシュの吹っ飛ばし力、リーチ、持続時間が低下した。
つかみ攻撃のダメージが減少したが、連射力が大幅に上昇した。
前・後・上投げで道連れが不可能になったが、外されることもなくなった。
(上投げはごくまれに道連れになることがある)

フォックス

デザインが大幅に変更され、「スターフォックスコマンド」のような雰囲気に近いデザインになった。
声優が変更された。(里内信夫→野島健児)
吹っ飛び耐性が低下した。
一部の技のモーションが大胆になった。
通常必殺技「ブラスター」の飛距離がかなり短くなった。
下必殺技「リフレクター」の連打力が上昇し、滞空時間を稼げるようになった。
空中攻撃の一部が強化された。
弱攻撃3段目「ラピッドキック」の性能が変化。
前作では敵を浮かせることができたが、今作は敵を浮かせることが出来なくなった。
そのため壁際に追い詰めてのラッシュが可能となった。
上強攻撃「フリップキック」のモーションが微妙に変更された。
前作ではただ足をあげるだけだったが、今回は両手を前につくようになった。
但し、これと言って性能の変化はない。
下投げ「クローズレンジブラスターダウン」のふっとばし方向(ベクトル方向)が変化。
そのため下投げ→リフレクターのコンボが不可能になった。
足がかなり遅くなった。

ファルコ

フォックスと同じくデザインが大幅に変更された。
ガノンドロフと同じく全体的に必殺技から攻撃までかなり変化した。これにより前作でファルコの使い手だった人でも使い手として諦めたものが多い。
足が若干遅くなった。
コンパチモーションが殆ど変更されている。
通常必殺技「ブラスター」の光線の色が赤から青に変化。
上必殺技「ファイアバード」のチャージ中に攻撃判定が追加された。
上必殺技「ファイアバード」が連続ヒットするようになった。
下必殺技が「リフレクター」から「リフレクターシュート」に変更された。
弱攻撃の1段目が「ジャブ」から「ウイングチョップ」に変更された。
弱攻撃の2段目が「ストレート」から「リバースチョップ」に変更された。
弱攻撃の3段目が「ラピッドキック」から「ジャイロカッター」に変更された。
上強攻撃が「フリップキック」から「フラップアッパー」に変更された。
横スマッシュが「レッグショット」から「ウイングエッジ」に変更された。
空中N攻撃が「ファルコキック」から「スピニングファルコチョップ」に変更された。
空中前攻撃が「トルネードシャフト」から「ピークドリル」に変更された。
空中上攻撃が「テイル&レッグ」から「リバースオーバーヘッド」に変更された。
空中下攻撃が「エアドリル」から「メテオスクリュー」に変更され、メテオ効果が出だしのみになった。
下投げ「クローズレンジブラスターダウン」のふっとばし方向が変化。投げ連が可能に。

キャプテン・ファルコン

前作と比べ癖が少なくなり使いやすくはなったが大幅に攻撃力が低下した。これにより今作ではやや弱キャラぎみになってしまった。
通常必殺技「ファルコンパンチ」で振り向きが可能になった。威力も若干上昇する。
横必殺技「ファルコンナックル」は空中で当てると軽くホップするようになった。また崖捕まりも可能になったので復帰にも使えるようになった。
下必殺技「ファルコンキック」を発動しても空中ジャンプの回数はリセットされなくなった。
通常攻撃のリーチが短くなった。
空中前攻撃「ストライキングニー」のリーチが大幅に短くなった。
ダッシュ速度No.1の座をソニックに奪われてしまった。
勝利ファンファーレ曲が変更された。

ピカチュウ

全体的に攻撃力が上昇し、そこそこ強化された。
カベジャンプが可能となった。
横必殺技「ロケットずつき」の後隙が少なくなり、使い勝手がやや上昇した。
復帰にも使いやすくなった。
上必殺技「でんこうせっか」で地面にぶつかったときの隙をキャンセルできるようになった。
下スマッシュ「ねずみはなび」の一発一発の威力が強くなっている。
ただ、そのかわりに連続ヒット数が大幅に低下。
下必殺技「かみなり」が強化された。反動の威力が大幅に上がっている。
ただし、マスターハンドなどのボス系の敵に2ヒット以上はしなくなった。
また、リフレクターで反射が可能になった。
カラーチェンジが大幅に変わっており、特にカラーチェンジの青は前作のピチューのものになった。

プリン

空中での移動速度が低下したものの、代わりに空中攻撃の攻撃範囲が体まで広がった。
空中戦では強くなったが、全体的には大幅に弱体化した。
4,5回目の空中ジャンプは上昇するようになった。これにより使い勝手が大幅に上昇。
弱攻撃1段目の技名が「左たたき」から「おうふくビンタ」に変更された。
弱攻撃2段目の技名が「右たたき」から「おうふくビンタ」に変更された。
通常必殺技「ころがる」が空中でも技が終了するようになり、崖から出ても復帰できるようになった。
横必殺技「はたく」が斜め後ろではなく真上に吹っ飛ばすようになり、威力もかなり低下した。
DXではフィニッシュも狙えたが、今作はフィニッシュとして使うにはダメージが150%以上は必要。
上下にシフトできるようになり、復帰技としての性能は上昇した。
下必殺技「ねむる」が真上に吹っ飛ばすようになり、吹っ飛ばし力が大幅に低下した。
だが他の技と比べれば吹っ飛ばし力は依然高い。また、花を咲かせる効果が追加された。
(初代では空中攻撃1発分程度の威力しか無い存在価値0の技だった。DXでは5〜10%もあればどんな相手でも即死させる神の如き破壊力を誇っていた)
横スマッシュの発生が大幅に遅くなった。前作ではカービィと同等の発生を誇っていたが、当てにくくなった。

マルス

重量が低下。中量級から中〜軽量級になった。
剣攻撃のリーチが若干短くなった。
通常必殺技「シールドブレイカー」のモーションが変化し、リーチが伸びた。
空中使用時に横に滑るようになり、復帰に使えるようになった。
横必殺技「マーベラスコンビネーション」の追加攻撃の受付時間が長くなり、前作より早く、簡単に入力出来るようになった。
代わりに威力が低下し、スマッシュ並みのフィニッシュ力は無くなった。空中使用時の浮上も小さくなっている。
上必殺技「ドルフィンスラッシュ」の出だしが無敵になった。
その代わりに上昇力が低下した。
下必殺技「カウンター」の反撃ダメージが7固定では無く、受け止めたダメージの1.1倍、下限8%になった。
上スマッシュ「ジャスティスソード」の判定が広がり、かなり使いやすくなった。
後ろ投げの技名が「レッグフッカー」から「レッグフレッカー」に変更された。
投げ技がコンボにつなげやすくなった。
そのため前より追い討ちが少し得意になった。
つかみのリーチが短くなった。

ネス

ジャンプの軌道が、一回下がってから上がるのではなく、すぐに上がるようになった。
空中前攻撃のエフェクトが広くなり、リーチが若干長くなった。
横スマッシュの発生が遅くなった。効果音がホームランサウンドから打撃音に変更された。
通常必殺技「PKフラッシュ」の上下動幅が大きくなった。
これにより、地上使用時は溜め切る前に地面に着いてしまうようになった。
上必殺技「PKサンダー体当たり」の威力が強化された。
下必殺技「サイマグネット」解除時に風を起こす事ができるようになった。
更に若干浮遊できるようになった。
勝利ファンファーレ曲が変更された。

Mr.ゲーム&ウォッチ

全体的にかなり強化され、弱キャラから中堅上位程度のキャラに昇格した。
弱攻撃「グリーンハウス」の連射速度が上昇した。
横必殺技「ジャッジ」の1の出る確率が減少した。同じ数字が2連続で出なくなった。
また、9が出た時にアラームが鳴るようになった。
上必殺技「ファイア」の使用後はしりもち落下にならなくなり、パラシュートでゆっくり落下移動できるようになった。
さらに出だしに押し出し効果が追加された。
下必殺技「オイルパニック」の吸収範囲が広がり、後ろからでも吸収できるようになった。
反撃時のダメージ倍率が2.8倍に増加した。代わりに反撃ダメージには最大で58%と制限がついた。
下強攻撃の吹っ飛ばし力が大幅に低下し、フィニッシュには使えなくなった。
上スマッシュの技名が「オクトパス」から「オクトパスヘッドバット」に変化。「オクトパス」は切り札の技名になった。
下スマッシュ「バーミン」の根本のカス当たり部分が消滅した。
そのためハンマー部分ならどこを当てても真横に強く吹っ飛ばすようになった。
また、ハンマーの外側に真上に飛ばす判定が付いた。
空中N攻撃が「パラシュート」から「トロピカルフィッシュ」に変更された。
そのため発生速度、リーチが上昇したが、フィニッシュには使えなくなった。
空中上攻撃「スピットボールスパーキー」に押し出し効果が追加された。
そのためやや当てにくくなったが、フィニッシュしやすくなった。
空中下攻撃「ドンキーコングjr.」が急降下攻撃になり、出だしにメテオ効果が追加された。
投げのモーションがかなり長くなった。
下投げ「ボール」のふっとばし方向が変更され、大抵は投げた相手をダウンさせるようになった。
勝利ファンファーレ曲が変更された。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • おーーー (^-^ -- けん? 2012-12-09 (日) 21:25:20
  • ファルコンの弱体化が気に入らん -- 2013-01-01 (火) 10:38:57
  • 前作のファルコの攻撃って今のフォックスと同じやん! (OO; -- 2013-01-17 (木) 17:04:12
  • ピーチのキャラ選択時ボイス、全作のアピールの声だと思います。声優代わったのに何故… -- 2013-08-03 (土) 15:29:34
  • ネスはXが一番弱いのかと思ってたら、そうでもなかったのか サンダー体当たり強化あったんだな -- 2013-08-18 (日) 22:27:41
  • Mrゲーム&ウォッチがパワーUPしたから満足! ジャッジ9のアラームと効果音とめちゃくちゃ強いwww ホムコンにもFINISHに使えて面白い(笑)(^ε^V) -- 2014-11-16 (日) 11:01:05
  • xcscxds -- [[ まりお]] 2015-05-06 (水) 14:07:12
  • xcscxds -- [[ まりお]] 2015-05-06 (水) 14:07:13
  • アシストフィギュアを引退し、挑戦者として出現し、ファイターとして参戦。 -- ワルイージ? 2015-12-08 (火) 22:17:54
  • ワルイージが亜空の使者で仲間にされ、スマブラXに参戦。 -- ワルイージ? 2015-12-08 (火) 22:38:30
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White